東京大学大学院総合文化研究科本吉研究室

プログラムProgram

特別講演Special Lecture

The perception of crowds (Prof. David Whitney, UC Berkely)

サンプルイメージ

Much of our rich visual experience comes in the form of ensemble representations, the perception of summary statistical information in groups of objects. These ensemble percepts occur over space and time, such as the average size of items, the average emotional expression of faces in a crowd, or the average heading direction of point-light walkers. Ensembles can even convey unique and emergent social information like the gaze of a crowd or the animacy of a scene. Here, we discuss how children, adults, and patients with neurological impairments can see through this lens of ensembles to achieve remarkably precise and fast gist perception, despite experiencing limited or no awareness of individual members of the crowd. Recent experiments with adults demonstrate that the mechanisms of ensemble perception can at least partially bypass common attentional bottlenecks. Additional experiments in children reveal that visual experience has a duality, allowing perception of individual objects or the perception of crowds. But, the development of one system does not seem to be a prerequisite for the other. Perceptual awareness seems to echo this dualism: striking an ideal balance between the need to represent individual objects while simultaneously reducing the overwhelming clutter in the visual world to simple ensemble representations.

大会企画シンポジウムSymposia

質感・光景認知研究の新展開 (仮)

サンプルイメージ

近年盛んになりつつある「質感」研究は,色や形などの基本属性に限られていた視知覚研究の分析次元を飛躍的に押し広げるとともに,現実世界の複雑な視聴覚刺激やCGを用いた新たな実験アプローチを促している.それは物体や光景の認知をめぐる知見と呼応しつつ,視覚認知の基本原理に迫る新たな洞察をもたらすものでもある.今回のシンポジウムでは,質感・光景認知の領域で国際的に活躍する気鋭の研究者をお招きして最新の研究をご紹介いただき,今後の展望を考える機会とする.

 

講演者

永井岳大 先生 山形大学大学院理工学研究科

坂野逸紀 先生 首都大学東京人間健康科学研究科

藤崎和香 先生 産業技術総合研究所人間情報研究部門

時間知覚の機序 (仮)

サンプルイメージ

いま,主観的体験としての「時間」を支える脳の情報処理メカニズムに大きな関心が集まっている.人間や動物はどのようにして,感覚器に与えられる情報から外界の出来事の時間順序や持続時間を推定しているのか.知覚における「いまこの瞬間」とは何なのか.順序や長さや現在が位置づけられるべき容れ物としての「時間軸」は存在すべきなのか.本シンポジウムでは,同時性,持続時間,現在,という時間知覚の基本側面について,それぞれ顕著な成果を上げられている気鋭の研究者をお招きして最新の研究をご紹介いただき,今後の展望を考える機会とする.

講演者

山本慎也 先生 産業技術総合研究所人間情報研究部門 

山本健太郎 先生 早稲田大学理工学術院(日本学術振興会特別研究員)

河邉隆寛 先生 NTTコミュニケーション科学基礎研究所人間情報研究部 

Design by Megapx
Template by s-hoshino.com