東京大学大学院総合文化研究科本吉研究室

本吉研究室HPへようこそWelcome to Motoyoshi Lab

サンプルイメージ

本研究室は2013年の10月に新たに開設された認知行動科学講座の研究室です.主に人間の視覚情報処理(知覚,認識,記憶,感性,意思決定,行為など)に関する心理学的研究と教育をおこなっています.

大学院(特に博士課程)進学希望者の訪問を随時受け付けています.[説明会]

・本研究室では学振研究員を柔軟な体制のもと積極的に受け入れています.[お問い合せ]
・本研究室ではポスドク研究員(特任研究員)を若干名募集しています.
[お問い合せ]

新着情報What's new

2016.07 国際心理学会(ICP)で認知科学の情報社会への貢献に関するシンポジウム講演をします.

2016.07 国際心理学会(ICP)で質感認知に関するシンポジウム講演をします.

2016.07 多重色覚機構の時空間特性に関する近藤さん(B4)の論文がJ. Visionに掲載されます.

2016.06 視覚探索における運動座標系の役割に関する中山さんの論文がFront.Psych.に掲載されました.

2016.06 生理学研究所研究会「視知覚の総合的理解を目指して」が開催されます (代表:本吉)

2016.05 基礎心理学研究特集号「質感と感性の科学」論文募集を開始しました (企画:本吉)

2016.02 視野闘争における運動座標系の役割に関する中山さん(東大)の論文がJ.Visionに掲載されました.

2016.01 森さん(M1),近藤さん(B4)が日本視覚学会ベストプレゼンテーション賞を受賞しました.

2016.01 コントラスト順応の極性選択性に関する佐藤さん(東大)の論文がJ. Visionに掲載されました.

2016.01 脳と心のメカニズム冬のシンポジウム(包括脳等)で時間知覚に関する招待講演をしました.

2015.12 乳児の前恒常性知覚に関する楊さん(中央大)の論文がCurrent Biologyに掲載されました. [Press][Curr.Biol.Dispatch][Sci.Am.Blog]

2015.11 物体認識の国際シンポジウム(理研・電通大)で物体・質感認知に関する招待講演をしました.

2015.09 新学術領域研究「こころの時間学」国際シンポジウムで時間知覚に関する招待講演をしました.

2015.09 新学術領域研究「多元質感知」がスタートしました (総括班:本吉).

2015.09 注意の剥奪による運動知覚の促進に関する論文がJ.Visionに掲載されました.

2015.07 日本視覚学会2015年夏季大会が開催されました (大会長:本吉).

2015.06 画像工学の国際会議ICAIで感性の認知科学に関する招待講演をしました.

Design by Megapx
Template by s-hoshino.com